Insurance review

旅行保険

保険料は行先や滞在日数で変化する

旅行保険の料金は、比較的医療費が安めの台湾、香港、中国、韓国辺りに2.3日という場合なら1500円からの金額で入る事が出来ます。10日ほどのハワイは3500円からといった具合です。 行先や滞在日数に補償内容で料金が変化しますので、まずは必要な保障内容をしっかり見極めましょう。 旅行保険は旅行当日でも契約する事が出来ますので必ず利用しておきましょう。 日本は保険制度がしっかりしており、救急車が無料なのはもちろん治療代に関しても実際窓口で支払う金額は3割負担ほどで済むのが当たり前なので、それが世界標準だと思ってしまいがちです。 しかし実際は救急車さえ有料でタクシーのように距離で料金が計算されるシステムの国もあり、治療前にクレジットカートや保険の加入証に入院時に必要になる保証金などの支払能力を提示出来ないと治療さえしてもらえない事もあるのです。

クレジットカード付帯の保険に注意

クレジットカード付帯の自動の旅行保険があるから、更に入る必要がないと思う方も多いと思いますが、付帯の旅行保険では2000万など保障の額面は充分そうに見えますが、大抵が死亡時などの最高額面を表示しています。実際は怪我や病気などは200万までと上限が決まっていて本当に必要な金額の保証が得られない場合があります。 なので付帯の保険を持っている方は、弱い部分を補う旅行保険にはいっておく事が必要です。 旅行当日でも入れるので遅い事はありません。しかし当日の契約が可能なのはクレジットカード決済の場合です。支払方法あ銀行振り込みやコンビニ払いなどの場合は入金が確認されてから補償が開始されるシステムです。そういった場合は当日ではなく出発日に補償が始まるよう忘れずに契約しましょう。